株式分割とは?

株式分割とは、
1株の株式をいくつかに分割して、
株数を単純に増やすことです。

たとえば、2株に分割するという場合、
1000株保有している場合は
分割後、2000株保有することになります。

ただし、2株に分割するという場合、
1株あたりの株価は2分の1となり、
持っている株の価値は変わりません。

この段階では株主にとって
何のメリットもありませんが、
配当金が分割前と変わらなかったり、
分割後に株価が上昇した場合には、
増えた株数の分だけ資産が増加することになります。


株式分割は、
1株あたりの株価を引き下げ、
投資家がその企業の株を
買いやすくするために行われます。

たとえば、1株を2株に分割した場合、
今まで1単元20万円だった株を、
分割後は10万円で買えるようになります。

株価が安くなれば、
それまで高くて買う事のできなかった株も
買いやすくなり、
人気銘柄であればある程、
購入したいと思う人は増えていきます。

つまり、株式分割が行われるのは、
個人投資家が買いやすいように株価を引き下げて
流動性を高め、
株主数を増やすためです。

権利確定日(分割基準日)までに
株式分割を行う企業の
『株主名簿への登録が済んでいる』事が条件となります。

つまり、『権利確定日(分割基準日)を含めた5営業日前』が
分割の権利が得られる最終日『権利付き最終日』となります。


スポンサード リンク

株配当 その前に
投資スタイル
口座の種類と手数料
証券会社に申し込もう
銘柄選びと分析
銘柄選びと分析の仕方
株に関する知識
株主優待について
ミニ株について
株式分割とは?
信用取引
信用取引について
信用買いと売りについて

スポンサード リンク