ミニ株について

ミニ株って言葉は、よく聞くと思います。
ミニ株についてカンタンに解説してみましょう。

投資資金が少なくても
株を取引できるようにしてくれる取引方法が、
ミニ株(株式ミニ投資)です。

ミニ株は、
株を取引できる最小の単位(単元株数)よりも
さらに少ない10分の1の単位で
株を取引できる仕組みになっています。

そのため、普通に株を取引する場合に比べて、
少ない資金で株を取引することができます。

ですが株主優待は、
企業が決めた株数を保有する株主が
受け取ることができるようになっています。

しかし、ミニ株の名義は証券会社のものとなります。
そのため、ミニ株を買っても株主優待は受け取れません。

株主優待がほしいのであれば、
ミニ株ではなく現物株で、
企業が決めた株数を買うか、
ミニ株でその株数まで買い増しを続けて、
正真正銘の株主になることが必要になります。


最近は、
企業の業績が回復傾向にあるため、
企業が支払う配当金も増加傾向にあります。

そのため、配当金を目当てに
株を買いたいという人もいることでしょう。

配当金は、ミニ株であっても
保有割合に応じた配当金を受け取れるようになっています。

ですから、配当金を目当てに
ミニ株に投資することが可能です。


デイトレードとは、
一日の間に何度も取引を繰り返し、
その日のうちに取引を終了させる取引のことです。

しかし、
ミニ株は一日に1回しか取引できないため、
そもそもデイトレードを行えない仕組みなのです。

デイトレードを行いたい人は、ミニ株ではなく、
現物株などで取引した方がよいでしょう。

ミニ株を取引する際にかかる手数料ですが、
現物株を取引する場合とさほど変わらないのが一般的です。

ミニ株は取引金額が小さいので、
その分、利益も比例して小さくならざるを得ません。

つまり、利益に占める手数料の割合が、
どうしても大きくならざるを得ないのです。


スポンサード リンク

株配当 その前に
投資スタイル
口座の種類と手数料
証券会社に申し込もう
銘柄選びと分析
銘柄選びと分析の仕方
株に関する知識
株主優待について
ミニ株について
株式分割とは?
信用取引
信用取引について
信用買いと売りについて

スポンサード リンク