信用取引について

「信用取引」とは、
証券会社にお金や株を借りて、
担保として預けている委託保証金の
3倍程度まで売買することができる取引方法です。

お金や株を借りて取引を行うので、
一般的に「信用取引は危険」と言われがちですが、
現物取引にはないメリットがあり、
実際に多くの投資家が信用取引を利用して
株式投資を行っています。


信用取引は、
手持ち資金以上の取引ができるので
リターンが大きくなりますが、
リスクも大きくなります。


株式投資の経験を十分に積んでから
はじめられることをおすすめします。


信用取引を始めるには、
信用取引口座の開設と、
委託保証金の預入れが必要になります。

[信用取引口座の開設] 信用取引を始めるには、
一般の証券口座とは別に、
新たに信用取引口座を開設する必要があります。

信用取引口座の開設には審査があり、
一定期間以上の株式投資経験がなければ
口座開設ができないなどの規約があります。

[委託保証金の預入れ] お金や株を借りる担保として、
委託保証金の預入れが必要になります。

金額は各証券会社の定める
『委託保証金率』によって異なりますが、
売買代金の30%以上で30万円以上が原則となります。

委託保証金は現金の他に、
株券を担保として預入れることができますが、
その場合は時価の80%が担保として計算されます。


スポンサード リンク

株配当 その前に
投資スタイル
口座の種類と手数料
証券会社に申し込もう
銘柄選びと分析
銘柄選びと分析の仕方
株に関する知識
株主優待について
ミニ株について
株式分割とは?
信用取引
信用取引について
信用買いと売りについて

スポンサード リンク