株の配当 株配当入門

株の配当って何でしょう?


配当とは、
企業が獲得した利益の中から
株主に還元されるお金です。


株の初心者の場合、
株の配当について知らないことが多いと思います。


まず自分がどんな目的で投資するのかを決めて、
目的に合った投資スタイルで運用しましょう。


当サイトでは、株の配当の仕組みや株の配当の詳細について解説していきます。


スポンサード リンク

株の配当と計算方法

配当とは、
企業が獲得した利益の中から
株主に還元されるお金です。

配当の受取には必要な単元株数を保有する必要があり、
金額は『1株あたり〇円』というように決まっています。

例えば1株あたり5円の配当で、
1000株保有の場合は
5000円が配当金として分配されます。

配当金の分配は企業により回数が異なりますが、
年1回、または半年に1回が一般的です。

ただし、必ず支払われるというものではなく、
会社の業績悪化や都合により配当金を分配しないこともあります。

「配当利回り」とは、
1株あたりの配当金が株価の何%になるのかを示す指標です。



配当の計算方法は、1株あたり
配当金÷株価×100=配当利回り(%)
配当利回りが高いほど、
投資額に対して配当金が多く貰えることになり、
一般的に配当利回りが高い銘柄ほど
投資価値が高いと判断され、
人気になる傾向があります。


高配当銘柄と呼ばれるものには
配当利回りが2%を超えるものもあるので、
現在の銀行金利と比べて有利だといえますが、
受け取る配当金以上に株価が下落しては意味がないので、
会社の業績・値下がりリスクなど、
総合的に判断して銘柄を選ぶのが基本になります。


配当を受けるには、
受取に必要な株数を保有し、
権利確定日(配当基準日)までに
『株主名簿への登録が済んでいる』事が
条件となります。


権利確定日は企業ごとに定められていて、
配当は、その日現在の株主に対して行われます。

(※中間配当の場合は、中間配当基準日が権利確定日となります)


ただし、名義書換などの作業は時間がかかるので、
『権利確定日(配当基準日)を含めた
5営業日前』が配当の権利が得られる最終日
『権利付き最終日』となります。


『権利付き最終日』の翌日は
その年度の権利を得ることができなくなり、
『権利落ち日』と呼ばれます。


スポンサード リンク

株配当 その前に
投資スタイル
口座の種類と手数料
証券会社に申し込もう
銘柄選びと分析
銘柄選びと分析の仕方
株に関する知識
株主優待について
ミニ株について
株式分割とは?
信用取引
信用取引について
信用買いと売りについて

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

スポンサード リンク